2012年04月19日

その後とその前 瀬戸内寂聴 さだまさし

さだ:忘れられるって才能なんですね。
寂聴:忘れられるって、才能ね。忘れてはならない大切なことも忘れるのは却罰ですよ。

「本が好き!」さんから、献本していただきました。
少し前に、日経新聞での「奇縁まんだら」の連載を卒業された尼の瀬戸内寂聴さんと、「北の国から」のテーマでおなじみさだまさしさんの対談集です。

最初はなぜ、このふたり?と思ったのですが、読み進んでいくと、しっくりくるようになりました。

そしてこの台詞のように「忘れられる」って、才能なのです。
ちょっと前まで、一般企業のweb担当として、働いておりまして。
会社の幹部の方たちとお話をさせていただく機会がありました(中小企業ですが)

会社の幹部になる方たちは、たいてい「忘れられる才能」をお持ちです(*ノ-;*)
「この前こうおっしゃったから、こうしたのですよ」とそれとなくお伝えしても、「覚えていない」だそうで。(最終的には、その指示を受けいれた自分の責任ですが)
上にいらっしゃる方たちほど、この傾向が強くて。
(忘れたことにしているのかもしれませんが。)

ああ。「忘れられる」って、組織の中で出世をするための条件なんだーと悟りました。

よく言えば「臨機応変な対応ができる」「昔の自分にとらわれていない」のです。
だからこそ、過去のしがらみを気にせず、今すべきことに集中でき、道がひらけてくるのでしょう。
そして、出世をする訳です。

でもでもでも。
瀬戸内寂聴さんのおっしゃるように「忘れてはいけないこと」もあるのです。

兵庫県淡路島にある「北淡震災記念公園」の「野島断層記念館」は、雨漏りがひどいのに、予算がつかずに、なかなか修理できないそうです。(2011年夏に訪れたさい、スタッフの方がおっしゃっておりました)
まだ阪神大震災から17年しか経っていないのに、すっかり忘れている訳です。

日本人は、忘れることによって、前を向いてきた面はあります。

しかし、水に流してはいけないこともあって。
自分は覚えるべきところは、しつこく、しつこく、こだわって、覚えていきます。

icon_rakuten.gif【送料無料】その後とその前
icon_amazon.gifその後とその前
posted by けいけいあかか at 01:00 | Comment(0) | 世の中のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

お金はいつも正しい 堀江貴文

いろゆる農耕革命、稲作や畑作、牧畜などによって、定常的に食糧を確保できるようになるまで、人類の歴史は飢餓との戦いでもありました。現在、肥満で苦しんでいる人が世界中にたくさん存在しますが、これも証左と言えます。肥満の人は飢餓が当たり前の時代では遺伝的に優性であり、いまでもその名残として多数存在するわけです。

2012年4月現在、「塀の中の人」のホリエモンの近著です。

少し前までの日本は「定常的に食糧を確保」することに、必死でした。
「飢えないこと」「食べること」が、人生の目標であったようにも思います。

その必死の努力の甲斐があって、今のバブル世代以下は「定常的に食糧を確保」できている状態で育ちました。
「おなかがすいたら、コンビニや、スーパーで買えばよい」そんな考えです。
(その状態をなりたたせている方たちに、感謝です)
「飢餓」を知らずに生きてこれました。

「定常的に食糧を確保」できていないホームレスの方たちや、ネットカフェ難民とよばれる方たちがいる一方で、コンビニ、ファーストフードでは、余った食材が大量に破棄をされている現実があります。

日本人全体では「定常的に食糧を確保」できていて、分配さえうまくすれば、みんなが、食べるのに困らないような気がします。(データの裏付けはないのですが)

じゃあ、なんで、分配がうまくいかないか?というとホリエモンの言うような「遺伝子的に優位だった肥満の方たち」がいるからです。
今あるものを、必死にためこむ、体質というか、性格というか。

「飢餓」を経験したきた高齢の方たちにとって、食糧はいつなくなるか、わからないものなのでは?
だから、あるときに、ためとかなきゃ!となる訳です。
そういう行為が「先のことをよく考え、えらい」という価値観もありました

ただ「食べ物」をそのままためることはできないので、「食べ物」をお金に変換して、貯金をします。
一生かかったって、使いきれない金額、食べきれない金額を、です。

「食糧の確保が困難だった時代」なら、そういった価値観は重宝されました。生きていく上で有利でした。
そういった方たちは、日本人全体で「定常的に食糧を確保」できるようになっても「まだ、足りない」「いつ危機がやってくるかわからない」と、必死に溜めているのです。

その結果、全体としては足りていても、食糧がまわらない人がでてきます。
「飢餓」が怖いから、貯金するのはわからないでもないですが、分配がうまくいかないと困ります。

「分配」は、政治の仕事のような気もしますが、政治をあてにしても、、、
食糧を貯め込んでいる高齢者たちに機嫌良く財布の紐をゆるませるサービスを考えるのが、合法的で、最適な分配の一歩でしょう。

icon_rakuten.gif【送料無料】お金はいつも正しい
icon_amazon.gifお金はいつも正しい


posted by けいけいあかか at 08:15 | Comment(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

野宿入門 かとうちあき

そうじゃなくて、やろうと思いさえすれば、なんでもできるし、なんでも面白い。野宿はそんなことにも、気づかせてくれます。そしてなにより、なんでもおもしろがり「愉しむ力」を育ててくれる(引用)


「野宿入門」は、かとうちあきさんという、高い「野宿スキル」をもった女性が、あの手、この手で、ゆるーく『野宿』をすすめている本です。

わたしは、バイク乗りで、旅人で、ひとり旅大好きで、北海道で、ひとりキャンプをします。
バイクにキャンプ道具を積んで旅して「疲れたら、どこでも寝れる」安心感と「好きなだけ走れる」充実感は、なかなか得られるものではありません。

キャンプ場で、刻々と変わっていくと変わって空の色を眺め、ビールを飲み「自由っていいな」と思うのは至福の時です。

そんなわたしですが「野宿」は一度もしたことがありません。

旅人や、野宿の世界を知らない方たちにとっては「ひとりキャンプも、野宿も同じ」なのでしょうが、野宿未経験のわたしとっては「ひとりキャンプ」と「野宿」の間には高くて超えられない壁があります。
まあ、超えようとも思っていないのですが。

ただ、そんな壁を軽々とのり越えている方の話を聞いてみたくて、この本を手にとりました。
野宿をしないわたしが「常識にとらわれた、つまらない人間」のようにも思えました。

でも、野宿はしたって、しなくたっていいのです。
引用のように、「野宿」がかとうちあきさんにとっては、なんでも面白がる、愉しむ力を育ててくれるものだったのではないでしょうか?

かとうちあきさんにとっての「野宿」が、わたしにとっては「バイクに乗って旅にでること」です。

そういったことを教えてもらえる「何か」を持っている方は、それでいいでしょう。
まだ、お持ちでない方は、野宿をしてみては^^


icon_rakuten.gif【送料無料】野宿入門
icon_amazon.gif野宿入門
posted by けいけいあかか at 22:37 | Comment(0) | 世の中のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。