読書感想文と映画レビューTOP映画のレビュー >人間失格 古屋兎丸(原案:太宰治)

2013年03月24日

人間失格 古屋兎丸(原案:太宰治)

年末年始にはまった古屋兎丸氏が、あの太宰治の「人間失格」を脚色して漫画にした作品です。

自分は天才なのです。女に寄生する天才・・・僕にはもうこれしか生きていくすべがないのです(葉蔵)

俺の見てきた中で最低の男だマジで・・・なのに、どうして女はお前を助ける?(堀木)
確かに、葉蔵みたいな人って実在しますよね。
「女の人に寄生する天才」とはいかなくても、「女の人に引立ててもらう天才」が。
今までいた場所で、ひとりづつはいました。

そんな「葉蔵くん」を引立てるのは、世の中に、あまたと存在する母性本能をもてあましている女性です。
「誰かに何かをしてあげたくて、しょうがない!」という方たちです。

そんなところに「葉蔵くん」は、すっぽりはまるようです。
どうってことがなさそうな「葉蔵くん」のライブに、せっせと通ったりします。

「葉蔵くん」タイプに、まったく母性を感じない自分からすると「そんなに尽くして、楽しいの?」なのですが、ついつい支えたくなってしまうようです。
どう見たって「片利共生」なのですが、本人たちは意に介しません。

「何かを他人にしてあげる」は、自己満足なので、寄生されている本人が、それでよければ、それでいいのでしょう。

「葉蔵くん」も、寄生する術を心得ているので、適度にお礼をしたり、受けた恩を(何十分の一でも)返そう!という気はあるし、骨までしゃぶるようなことはしません。

下駄を履かせてもらっていることを承知の上で、上手に活用するならよいのですが、「自分の実力」と勘違いしている「葉蔵くん」が多い気がします。

そうこうしているうちに、「葉蔵くん」が、本当の「実力」「人間性」を身につけ、引立ててくれる人と、トラブルを起こすことなく、無事に卒業できるか、否かで、「葉蔵くん」の、その後の人生が大きく決まる気がしますね。

今までであった「葉蔵くん」の末路が気になります。

icon_amazon.gif人間失格 1 (BUNCH COMICS)

icon_rakuten.gif【送料無料】人間失格(1) [ 古屋兎丸 ]



posted by けいけいあかか at 19:37 | Comment(0) | 映画のレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。