読書感想文と映画レビューTOP生き方 >ハピネス 桐野夏生

2013年03月25日

ハピネス 桐野夏生


有沙は地面に足を着けたくなって、思わず足踏みをした。

桐野夏生さんの近著です。
憧れの「タワマン(タワーマンション)」に暮らす若い母親の有沙。
おしゃれなタワマンママたちのグループに入っているのですが、完全には、なじめないでいます。

タワマンママたちは、そこそこ稼ぎのある夫と結婚をし、専業主婦をしています。
子連れでママ友同士で集まり、おしゃべりをして毎日を過ごしているようです。

そういう人生に憧れたり、そういう人生が幸せだったりする方もいらっしゃるでしょうが、主人公の有沙は、居心地の悪さを感じています。

それは夫と別居中であったり、親のことを誤摩化してつげていたり、と言ったこともあります。
何故、誤摩化しを?と言うと「見栄」でしょうか?

「見栄」をはらないと、生きていけない場所って、つらいですよね。

憧れだった場所(タワマンでの幸せな結婚生活)に、やっとたどり着きました。
なじもうと努力したけど、結局、場違いでした。
紆余曲折の末、やっと、気がつきました。
そして、行動を起こすまでが、女の嫌な部分まであますところなく描かれています。

「タワマン」が身の丈にあった場所の方もいれば、不釣り合いな方もいるでしょう。
有沙の場合、「タワマン」は、自分の居場所ではなかったようです。

自分の今いる場所を「似合わない」と認めるのはつらいことですが、認めないことには次にすすめません。
認めることができれば、前を向けるはずです。
有沙が、自分なりの人生を着実に歩んでいくことを願ってやみません。

icon_amazon.gifハピネス

icon_rakuten.gif【送料無料】ハピネス [ 桐野夏生 ]
posted by けいけいあかか at 22:26 | Comment(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。